姫路文学館
姫路城の北西に位置し、建築家・安藤忠雄により城を回遊する空間、文学と対話する空間として設計されている。北館の常設展示室では、姫路城にまつわる物語や歴史を「姫路城歴史ものがたり回廊」で紹介。「ことばの森展示室」では、文人たちの残した言葉を入口に人生との出会いを楽しめる。南館には、子どもたちが絵本と親しめる「よいこのへや」やカフェがある。
展覧会情報
  • ●企画展 金井寅之助文庫展 ~江戸文学コレクション~
    【期間】2018.1/6(土)〜4/8(日)
  • ●企画展 明治150年記念 収蔵品でたどる明治の光と影
    【期間】2018.2/17(土)〜4/8(日)
※画像をクリックすると拡大して表示されます。
INFORMATION-DATA
◎山陽姫路駅より神姫バス「西高行」または「書写ロープウェイ行」乗車「市之橋・文学館前」下車、北へ徒歩約3分
姫路市山野井町84
☎079-293-8228
【時間】10:00 ~ 17:00(入館は30分前まで)
【休み】月曜(祝日の場合開館し、翌日休)
【料金】一般300円、高・大生200円、小・中生100円
※特別展は料金異なる
地図
  • レストランなし

     

  • カフェあり

    カフェあり

  • ショップなし

     

  • ライブラリあり

    ライブラリあり

  • ロッカーあり

    ロッカーあり

  • バリアフリー非対応

     

  • キッズが楽しめる展示・ワークショップなり

     

路線図