神戸ゆかりの美術館
神戸で育まれた芸術文化をより多くの人々に発信しようと、2007年に開館。
「ハイカラ」「モダン」「国際的」などと形容される、神戸の街の魅力に惹かれた多くの芸術家の作品を紹介している。
近現代のさまざまな作家の作品から、今まで気づかなかった神戸の新しい一面が発見できそう。
展覧会情報
  • ●神戸ゆかりの芸術家たち -初公開多数 素描コレクション展 美しきリガ風景-
    【期間】11/29(火)〜2017.3/26(日)
    「異人館の画家」として知られる小松益喜が、1975年にリガを訪れて中世からの建物が残る旧市街を描いた作品と、フランス、オーストリアの風景画も併せて展示。
    2月1日からは、三宮にあったバー「アカデミー」の壁画が、保存修復を終え初公開の予定。小磯良平、田村孝之介など16名の作家が1950年代に残した寄せ描きを観ることができる。
※画像をクリックすると拡大して表示されます。
INFORMATION-DATA
◎阪神魚崎駅より六甲ライナーマリンパーク方面行き乗車、「アイランドセンター駅」下車、南東すぐ
神戸市東灘区向洋町中2-9-1(神戸ファッション美術館1F)
☎078-858-1520
【時間】10:00 ~ 17:00(入館は30分前まで)
【休み】月曜(祝日の場合開館し、翌日休)※12/29 ~ 1/3
【料金】一般200円、小・中・高生、65歳以上100円、神戸ファッション美術館ご入館の方無料
地図
  • レストランなし

     

  • カフェなし

     

  • ショップあり

    ショップあり

  • ライブラリなし

     

  • ロッカーあり

    ロッカーあり

  • バリアフリー対応

    バリアフリー対応

  • キッズが楽しめる展示・ワークショップあり

    キッズが楽しめる展示
    ワークショップあり

路線図