兵庫県立美術館
前身は、1970年灘区の王子公園そばに設置された兵庫県立近代美術館。阪神・淡路大震災で被災後、復興のシンボルとして、2002年4月に移転、リニューアルを果たした。兵庫ゆかりの近現代美術を中心に、国内外の作品を約9000点収蔵するほか、大型美術館ならではの多彩な展示企画を催している。建築家・安藤忠雄が手がけた、打ち放しコンクリートによる建築にも注目だ。
展覧会情報
  • ●特別展 ベルギー奇想の系譜展 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで
    【期間】5/20(土)〜7/9(日)
  • ●共催展 日本・ブータン外交関係樹立30周年記念 ブータン 〜しあわせに生きるためのヒント〜
    【期間】7/1(土)〜9/3(日)
  • ●小企画 美術の中のかたちー手で見る造形 青木千絵展(仮称)
    【期間】7/8(土)〜10/15(日)
  • ●特集 新収蔵品紹介(仮称)
    【期間】7/8(土)〜10/15(日)
  • ●特別展 「怖い絵」展
    【期間】7/22(土)〜9/18(月・祝)
※画像をクリックすると拡大して表示されます。
INFORMATION-DATA
◎阪神岩屋駅(兵庫県立美術館前)より南へ徒歩約8分
神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内)
☎078-262-0901
【時間】10:00 ~18:00
※特別展開催中の金・土曜は~20:00(いずれも入場は30分前まで)
【休み】月曜(祝休日の場合開館し、翌日休)、年末年始(12/31〜1/1)
【料金】一般510円、大学生410円、高校生260円、65歳以上255円、中学生以下無料
※特別展は料金異なる
地図
  • レストランあり

    レストランあり

  • カフェあり

    カフェあり

  • ショップあり

    ショップあり

  • ライブラリあり

    ライブラリあり

  • ロッカーあり

    ロッカーあり

  • バリアフリー対応

    バリアフリー対応

  • キッズが楽しめる展示・ワークショップあり

    キッズが楽しめる展示
    ワークショップあり

路線図