兵庫県立美術館
前身は、1970年灘区の王子公園そばに設置された兵庫県立近代美術館。阪神・淡路大震災で被災後、復興のシンボルとして、2002年4月に移転、リニューアルを果たした。兵庫ゆかりの近現代美術を中心に、国内外の作品を約9000点収蔵するほか、大型美術館ならではの多彩な展示企画を催している。建築家・安藤忠雄が手がけた、打ち放しコンクリートによる建築にも注目だ。
展覧会情報
  • ●小企画 ハナヤ勘兵衛(かんべえ)の時代デェ!!
    【期間】11/19(土)〜2017.3/19(日)
    戦前から芦屋を中心に長く活躍した写真家ハナヤ勘兵衛(1903-1991)の戦前のヴィンテージ・プリントを中心とした作品を、同時代の芦屋カメラクラブ有志の作品らとあわせて展示。
  • ●特集 彫刻大集合
    【期間】11/19(土)〜2017.3/19(日)
    近代の巨匠から現代の作家にいたるまでの彫刻および立体作品に焦点を当てた特集と、彫刻家による平面作品や、彫刻に関連した平面作品も展示予定。
※画像をクリックすると拡大して表示されます。
INFORMATION-DATA
◎阪神岩屋駅(兵庫県立美術館前)より南へ徒歩約8分
神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内)
☎078-262-0901
【時間】10:00 ~18:00
※特別展開催中の金・土曜は~20:00(いずれも入場は30分前まで)
【休み】月曜(祝休日の場合開館し、翌日休)、年末年始(12/31〜1/1)
【料金】一般510円、大学生410円、高校生260円、65歳以上255円、中学生以下無料
※特別展は料金異なる
地図
  • レストランあり

    レストランあり

  • カフェあり

    カフェあり

  • ショップあり

    ショップあり

  • ライブラリあり

    ライブラリあり

  • ロッカーあり

    ロッカーあり

  • バリアフリー対応

    バリアフリー対応

  • キッズが楽しめる展示・ワークショップあり

    キッズが楽しめる展示
    ワークショップあり

路線図